FC2ブログ

読みました


著者:遙 洋子さん

こちらも何となく手に取って読んでおりましたが、昨日読み終えました。
とても面白かったです。
人によって「友達」に対する価値観は違いますが、この本に書かれていたような「友達」も中々良さそうです、相当な覚悟が必要ですが・・・。

機会があれば、遙 洋子さんの他の著書も読んでみようと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

図書館で借りてみた


『ブックカフェものがたり』
本なんて普段ほとんど読まないのに、何気なく図書館で手に取ってしまいました。
発行は2005年12月15日・・・5年前ですね。何故かうちの兄の誕生日だったりする。

読んだ感想としては、読書家でもないし、古書愛好家でもない、カフェが特段好きでもないが、まあまあ楽しめました。少し癒されたかな。

昨日借りて、夜21時頃からテレビも消して、静かにコーヒー飲みながら読み、今朝通勤途中に読み、最後にマックでコーヒー飲みながら読み終えました。

この調子で少しずつ本を読む習慣をつけれたなと思ったり。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

だいぶ経つが・・・

Image007.jpg


会社で借りて読んだ本。クレームに関する本でした。実際僕がクレーム対応に追われることはまずないですが、読んでおいて損はないとのことでしたが・・・。確かに読んで損はないと思います、こういったクレーム対応の知識を知っているのと知らないとでは、いざ事が起きてしまった時にその場を切り抜けるのにだいぶ差がつきそうです。

クレームの中にもいろいろあるようですが、やはり一番腹が立つのは『お金目当て』『愉快犯』ですね。皆さんはこのようなゴミ人間にならないで下さいね。

読んでみた



会社の上司に勧められて読んでみました。会社の往復の通勤時間を有効に使うには読書が一番ですね。

『不機嫌な職場-なぜ社員同士で協力できないのか』
著者:高橋克徳・河合太介・永田稔・渡部幹
講談社現代新社

社員同士が協力できなくなってしまうまでの過程、協力するためにどうしたらよいか、協力体制を整えた企業を例に分析してみたり・・・中々面白い本でした。

確かに最近の社会人(自分もそういう所少なからずあるけど)は仕事とプライベートをきっちり分けて仕事に支障を出さない程度の最低限の付き合いしかしないという流れがあるのかもね。
悪いことではないけどそれでは企業は育たないだろうと、この本を読んでみて&会社で働いてみて感じた。

そしてそのことについて実体験的なものは大学時代のサークル生活。サークルをより良いサークルにしていこうと考えている者がいても、それに賛同して協力してくれる者がいないとどうしようもないってこと。最低限の義務を果たしていればいいと思っている人がいればいるほどその組織が成長するのは困難になる・・・企業と同じです。

この本を組織に属している人に読んでもらって意識を少しずつ変えれば、組織もいろいろな意味で成長して所属している人も居心地良くなるのではないでしょうか?

読んだ



07-11-26_21-26.jpg

先週の月曜だったかな、父から借りて読みました。
『心霊探偵』っつうシリーズものの第5巻(たぶん)で割とクライマックス的な感じでした。5巻より前を読んでいませんでしたが、とても面白く夢中になって読んだら一日で読み終えてしまいました。
主人公の八雲のキャラは割りとよくいるキャラですね、とても優秀なんですがひねくれたガキなんです。そんでヒロインがとってもよくできた&純粋な子で魅力的です。
時間があればシリーズを最初から読んで見ようと思います。


たまには本読まないとね。
プロフィール

若武者地蔵

Author:若武者地蔵

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
みんなで小さなエコを集めるサイトNieco
RSSフィード
リンク